転職エージェントの活用
女性が自身のキャリアアップを目指していくには、転職エージェントを利用して転職することが必要不可欠です。それは、採用面接試験の際に直接質問しにくいことを、エージェントの担当者から質問してもらえるためです。

もちろん、エージェントを利用したほうが、女性の管理職ポジションの求人案件を見つけやすいメリットも挙げることができます。

また、男性とは異なり女性の転職の場合は、転職のタイミングが重要です。なぜなら、女性の場合は結婚のときに名乗る苗字を変更するケースがありますし、出産のタイミングを考慮する必要があるためです。

出産をする場合は産前産後の休暇や、育児休業を取得するため、転職する年代やタイミングは重要となります。

女性の転職の1回目のタイミングとしては、これまでの仕事をマスターしきった時期であり、なおかつ結婚する前のタイミングである20代後半の年齢の時期を選ぶケースが多いです。

独身で、なおかつバリバリ働いている時期に転職活動を行うことによって、応募した企業の人事担当者に対して「転職してからも最前線で働いていく」というメッセージを伝えることができますし、人事担当者に納得してもらえるケースが多いです。

また、転職エージェントを通じて転職活動を行うことによって、「結婚して子供を産んだ後も働きたい」ことを伝え、「社内保育所の有無」や「子育てをする女性社員への理解がどの程度あるのか否か」をはっきり確認することができます。

つまり、転職エージェントを利用することで、転職先の会社側と女性の転職希望者との間にミスマッチが生じるリスクを回避することができます。

そのうえで、本人が望むポジションと役割をしっかりつかんで、新たな職場で仕事に取り組むことができます。

次に、女性がさらなるキャリアアップを目指す場合には、子供が小学生の高学年になった頃の40歳前後となるケースが多いです。

目指すポジションは、最低でも管理職ポストであり、人によっては経営幹部のポジションとなります。優秀な女性であれば、エージェントを通じてヘッドハンティングされるケースもあります。

女性の2回目の転職の場合は、1回目の転職の時期以上に、エージェントを利用することが重要です。

40歳前後という年齢は、仕事をしていくうえで脂の乗り切った年代であり、高度なレベルの仕事の判断を行うことができますし、問題解決能力も高いです。存分に力をふるうことができる年齢が、40歳前後となります。

このため、転職エージェントを通じて、女性の経営幹部や女性の管理職を求めている優良企業を紹介してもらうことが、ステップアップに必要不可欠となります。